TOP > 洛東 >長楽寺
参道
参 道
山門
山 門
本堂への石段
本堂への石段
本堂
本 堂
鐘楼
鐘 楼
「建礼門院十三重御塔」
「建礼門院十三重御塔」
建礼門院修行の場「平安の滝」
建礼門院修行の場「平安の滝」
弁財天
弁財天
重要文化財収蔵庫
重要文化財収蔵庫
頼山陽の墓
頼山陽の墓
美しい参道
美しい参道
相阿弥作の庭園
相阿弥作の庭園

長楽寺

長楽寺は、祇園円山公園の南東の端っこにあります。
将軍塚のある山の麓の斜面にあり、参道は山に向かって延びる長い石段。山門をくぐるとまた石段で、その上に本堂があります。
最澄が延暦寺の別院として建てたのが寺院の始まりとされていますが、後に時宗に改められ、現在に至っています。
安徳天皇の生母である建礼門院徳子は、壇ノ浦の合戦で敗れた後に、このお寺で剃髪して出家したのだそうです。本堂の脇には、その御髪をおろされた名残の御髪塔としての「建礼門院十三重御塔」が立っています。
寺院裏の墓地には、江戸後期の学者「頼山陽」や、徳川将軍慶喜の弟「明訓(あきくに)」らの墓もあります。
【ご利益】:開運招福