TOP > 洛東 >醍醐寺
醍醐寺の地図
総門
総 門
三  宝院
三宝院
西大門(仁王門)
西大門(仁王門)
西大門(仁王門)のアップ
西大門(仁王門)のアップ
清瀧宮本殿(重文)
清瀧宮本殿(重文)
五重塔(国宝)
五重塔(国宝)
金堂(国宝)
金堂(国宝)
不動堂
不動堂
真如三昧耶堂
真如三昧耶堂
粗師堂
粗師堂
中門
中 門
鐘楼堂
鐘楼堂
大講堂
大講堂
弁天堂
弁天堂
上醍醐入口の鳥居
上醍醐入口の鳥居
成身院
成身院

醍醐寺

伏見区にある醍醐寺は世界遺産に登録された古刹ですが、豊臣秀吉が開いた「醍醐の花見」でも有名。京都では満開の桜が早く見られることでも知られていて、まだ肌寒さの残るこの日も、朝早くから多くの花見客が訪れていました。
醍醐寺は、醍醐山の山上と山麓とに別れていて、山上にあるお寺を一般に「上醍醐」と、山麓にあるお寺を「下醍醐」と呼びます。「上醍醐」は「下醍醐」から歩いて1時間ほどかかるといわれますが、参道が山道のため、登るのは結構キツイようです。今回、体力の無い私が訪れたのは当然「下醍醐」で、ここなら地下鉄東西線醍醐駅から徒歩15分くらいで行けます。
庭園の美しさで知られる「三宝院」は内部撮影が禁じられていて、ここにご紹介できないのが残念です。どこの寺院でも建物自体の内部撮影は禁止が普通ですが、ここは庭園も一切禁止。苔むした見事な庭園だけに、とても残念です。
金堂と五重塔は国宝。鮮やかな朱塗りの弁天堂も大変美しく、広い境内と多くの立派な伽藍はさすがに見ごたえがあります。
【ご利益】:子宝,無病息災