TOP > 洛北 >大将軍神社(西賀茂)
<平安京造営時に王城の北の守護神とされる>
飛鳥時代の609年に創建された古社。
西賀茂地域の産土神。
方除け・無病息災・延命長寿のご利益がある。

住所 : 京都市北区西賀茂角社町129
付近の見所 : 上賀茂神社正伝寺神光院



(撮影 : 2010年2月13日)

● 写真をクリックすると拡大できます ●

神社参道に建つ鳥居(南側)
神社参道に建つ鳥居(南側)
拝殿
拝 殿
本殿(覆屋)
本殿(覆屋)
本殿(覆屋)
本殿(覆屋)
覆屋を横から見たところ
覆屋を横から見たところ
末社
末 社
境内
境 内
神社西側参道の鳥居
神社西側参道の鳥居

大将軍神社(西賀茂)

大将軍神社(「だいしょうぐん」または「たいしょうぐん」じんじゃ)は京都市の北区、上賀茂神社から賀茂川を渡って西へ500mくらいのところにあり、西賀茂地域の産土神(うぶすながみ)とされています。
神社の創建は609年といいますから、大化の改新よりはるか前の、遣隋使のころ。とても古い神社です。元は瓦職人のための瓦屋寺の鎮守社として建立されたようですが、その後平安京が造営される際に、王城の北の守護神「大将軍神社」とされたようです。このとき「大将軍神社」とされて今も残っている神社が他にもあり、これらと区別するため、ここは「西賀茂大将軍神社」と呼ばれることもあります。
とても古くて小さな神社で、観光客が訪れることはほとんどないと思いますが、「方除け」の神として永く信仰され、また地元の人たちからは無病息災・延命長寿のご利益があるとして大切にされているそうです。
【ご利益】:無病息災,延命長寿,方除け,良縁結び,安産,開運招福