TOP > 洛中 >法輪寺(達磨寺)
<通称の「だるま寺」で有名>
江戸時代創建の臨済宗妙心寺派の寺院。
全国から奉納されたダルマがいっぱい。
美しい枯山水庭園「十牛の庭」もある。

住所 : 京都市上京区下ノ下立売通天神通西入ル行衛町
付近の見所 : 竹林寺



(撮影 : 2011年2月19日)

● 写真をクリックすると拡大できます ●

法輪寺(達磨寺)の山門
法輪寺(達磨寺)の山門
山門から見た境内
山門から見た境内
山門の横にある延命地蔵
山門の横にある延命地蔵
境内に置かれている達磨像
境内に置かれている達磨像
庫裏
庫 裏
庫裏の玄関(「□△○」・・・What?)
庫裏の玄関(「□△○」・・・What?)
衆聖堂
衆聖堂
衆聖堂の中には様々な達磨像が置かれています。
衆聖堂の中には様々な達磨像が置かれています。
起上り達磨堂
起上り達磨堂
起上り達磨堂の天井画
起上り達磨堂の天井画
起上り達磨堂の中には無数の達磨像が。
起上り達磨堂の中には無数の達磨像が。
三国(印度・中国・日本)随一といわれる起上り達磨像
三国(印度・中国・日本)随一といわれる起上り達磨像
(京の名工・藤原国次作の)梵鐘
(京の名工・藤原国次作の)梵鐘
本堂の扁額
本堂の扁額
本堂東にある「十牛の庭」
本堂東にある「十牛の庭」
本堂廊下の端にある牛の置物
本堂廊下の端にある牛の置物
(周囲を十二支の動物に囲まれた)達磨石像
(周囲を十二支の動物に囲まれた)達磨石像
十三重石塔と明月塔
十三重石塔と明月塔
「少林寺拳法根本道場発祥地」の石碑
「少林寺拳法根本道場発祥地」の石碑
(白隠禅師の夜船閑話で知られる)白幽子の旧墓石
(白隠禅師の夜船閑話で知られる)白幽子の旧墓石
「気は長く心は丸く腹立てず人は大きく吾は小さく」の石碑
「気は長く心は丸く腹立てず人は大きく吾は小さく」の石碑
奉納された絵馬
奉納された絵馬

法輪寺(達磨寺)

法輪寺(ほうりんじ)は、丸太町通と西大路通との交差点「円町」から北東へ150mほど入ったところにある、臨済宗妙心寺派の寺院です。同名の法輪寺というお寺は全国各地にあり、京都にも有名な「虚空蔵法輪寺」が西京区の嵐山にあります。
ここ上京区の法輪寺は通称を「達磨寺(だるまでら)」といい、一般にはこの名で呼ばれています。江戸時代中ごろの享保12年(1727)に、室町の両替商「伊勢屋」の荒木氏の寄進によって創建されたといいますから、京都市内の寺院としては比較的新しい方といえます。
このお寺の特徴はその名のとおり、境内のあちこち、各堂内のそれぞれに置かれた達磨像・達磨人形・達磨絵の多さです。全国から奉納された万を超える数のダルマによって、お寺の全体がまるでダルマ博物館のよう。衆聖堂や起上り達磨堂の中には、それぞれ数千の達磨さんがずらりと並んでいて、思わず嬉しくなってしまいます。
この法輪寺は東山や衣笠、嵐山といった京都の観光地からほど遠い場所にあるのですが、「達磨寺」の名が有名なためか、この寒い時期にもかかわらず、カメラを構えた観光客が多く来られていました。拝観は有料(大人300円でした)ですが、達磨さんの愛嬌のあるお顔を眺めているだけで気持ちが和やかになってきます。だるま愛好家の方には必見のお寺。