TOP > 洛東 >圓徳院
長屋門
長屋門
唐門
唐 門
庫裏
庫 裏
方丈
方 丈
方丈前の南庭
方丈前の南庭
書院前の北庭
書院前の北庭
「秀吉公好み手水鉢」
「秀吉公好み手水鉢」
三面大黒天
三面大黒天
歌仙堂
歌仙堂
境内にある「掌美術館」
境内にある「掌美術館」

圓徳院

圓徳院は「ねねの寺」として知られる高台寺の塔頭で、高台寺とは「ねねの道」を挟んで向かい側(西側)にあります。豊臣秀吉の正妻北政所「ねね」は、ここで19年の間暮らし、生涯を閉じたとされています。
お寺の拝観入口が長屋風で寺院らしくないのですが、内部には枯山水の方丈南庭や、大きな石を多く配した広くて見事な北庭(国指定名勝)もあり、見ごたえは充分です。
寺院北側には大黒天、弁財天、毘沙門天の三面を併せ持った珍しい「三面大黒天」や、詩歌を志す人の信仰を集めるといわれる「歌仙堂」もあり、また高台寺ゆかりの美術品などを展示した「掌(しょう)美術館」もあります。
【ご利益】:諸願成就