TOP > 洛南 >伏見稲荷大社(その2)(稲荷山)
<稲荷山の神域を巡る参拝コース>
参道に沿って無数の鳥居と祠が並ぶ。
「四ツ辻」からは京都市街を一望できる。
「産場稲荷社」は安産のご利益。

住所 : 京都市伏見区深草藪之内町68
公式HP : http://inari.jp/
付近の見所 : 東丸神社ぬりこべ地蔵

(撮影 : 2010年12月17日)

● 写真をクリックすると拡大できます ● (写真はルートに沿って1〜24の順に並べてあります)

 鳥居の参道(上り坂が続きます)
(1) 鳥居の参道(上り坂が続きます)
参道沿いには多くの塚が林立(乱立?)しています。
(2) 参道沿いには多くの塚が林立(乱立?)しています。
神寶社
(3) 神寶社
新池
(4) 新 池
熊鷹社
(5) 熊鷹社
参道の途中(三ツ辻)にある茶店
(6) 参道の途中(三ツ辻)にある茶店
四ツ辻(ここから京都市内が見渡せます)
(7) 四ツ辻(ここから京都市内が見渡せます)
田中社(荒神峯)
(8) 田中社(荒神峯)
下之社(三之峰)
(9) 下之社(三之峰)
荷田社(間ノ峰)
(10) 荷田社(間ノ峰)
中之社(二之峰)
(11) 中之社(二之峰)
上之社(一之峰)
(12) 上之社(一之峰)
鳥居の参道(この辺から下り坂となります)
(13) 鳥居の参道(この辺から下り坂となります)
春繁社
(14) 春繁社
御釼社(技術の神様)
(15) 御釼社(技術の神様)
薬力社
(16) 薬力社
大杉社
(17) 大杉社
御膳谷祈祷殿
(18) 御膳谷祈祷殿
眼力社
(19) 眼力社
腰神不動明王
(20) 腰神不動明王
脳天大神,大学大神,眼力大神・・・
(21) 脳天大神,大学大神,眼力大神・・・
荒木神社
(22) 荒木神社
産場稲荷神社
(23) 産場稲荷神社
産場稲荷神社
(24) 産場稲荷神社

伏見稲荷大社(その2)(稲荷山)

伏見稲荷大社は、朱色の社殿が美しい「本殿・奥宮・奥の院(奥社奉拝所)」と、その背後(東)にある「稲荷山」とに大きく分けられます。一般の方々が観光や初詣で参拝されるのはせいぜい奥の院までで、稲荷山一周を経験された方はさすがに少ないようです。
奥の院から稲荷山山頂(上之社)をまわる一般的な参拝コースは、サッサと歩いても往復2時間はかかるでしょうか。私はひとつひとつ丹念に写真を撮りながら歩いたので、4時間あまりもかかってしまいました。参道は全体に整備されていて歩きやすく、途中にはいくつか茶店などもありますが、入山される場合は天候や体調に十分ご注意ください。
参拝ルートは「奥の院(奥社奉拝所)」から入られるのが良いと思います。また途中「四ツ辻」で右回りコースと左周りコースとに分かれますが、右のコース(下之社,中之社,上之社・・・の順で回るコース)が普通で、こちらを選ばれることをお勧めします。帰りは「三ツ辻」で左右に分かれますが、これも右のコース(「産場稲荷」へ向かうコース)をお勧めします。つまり全て「右へ右へ」と進まれることをお勧めします(これは「正式コース」とは逆のコースとされているようですが、私はむしろこちらの方をオススメします)。
この稲荷山の参拝ルートは、明るく美しい本殿や奥宮などとは趣きがガラッと変わり、まさしく「霊山」の様相を呈しています。参道は信者から奉納された約一万基の鳥居に囲まれ、そこかしこに「お塚」と呼ばれる石の祠(この数も一万基以上と言われています)が所狭しと林立していて、少し薄気味悪いような雰囲気が漂っています(伏見稲荷というより「不気味稲荷」という感じ)。
本殿の近くにある「産場稲荷社」はタレントの山田花子さんも参拝されたとかいわれる「安産」の神様ですが、ここと「三ツ辻」との間には、写真にもありますように「腰神」とか「脳天」とか「大学」とか「眼力」とか、迫力のある名前の神様がいろいろ祀られています。
【ご利益】:薬効・薬害・健康・息災(薬力社),技術の向上(御釼社),安産(産場稲荷社),足腰(腰神不動明王),縁結び(荒木神社の口入稲荷)

「伏見稲荷大社(その1:本殿・奥宮・奥の院))」のページはここをクリック!