TOP > 洛中 >月光稲荷神社
<「月光」の名を戴く神社>
御前通から姉小路通を東へ少しの位置にある。
神社裏に天文台「京都改暦所」があった。
住宅街の中に建つ小さな神社。

住所 : 京都市中京区西ノ京西月光町




(撮影 : 2011年6月29日)

● 写真をクリックすると拡大できます ●

月光稲荷神社周辺の風景
月光稲荷神社周辺の風景
神社正面の鳥居
神社正面の鳥居
鳥居の扁額
鳥居の扁額
神社本殿(覆屋)
神社本殿(覆屋)
神社本殿(覆屋の内部)
神社本殿(覆屋の内部)
末社(名は不明)
末社(名は不明)

月光稲荷神社

月光稲荷神社(げっこういなりじんじゃ)は、市内を南北に走る御前通から姉小路通を東へ100mほど入ったところの、静かな住宅地の一角に建っています。
特に大きな特徴がある訳でもなく、創建の由緒等もほとんどわからない小さな神社なのですが、「月光」という美しい名に惹かれて訪れてみました。「月光仮面」はもちろん「月光菩薩」とも関係はなさそうなのですが、神社近辺の「西ノ京西月光町」「西ノ京東月光町」という地域名が、この神社の歴史的な存在感を示しています。その昔、神社の裏手に江戸幕府が設けた天文台「京都改暦所」があったとかで、天文台だから「月光」なのかという気もしますが、どうにも本当のところはよく分かりません。
本殿の覆屋の正面には貼紙がされていて、月光稲荷神社奉賛会の名で「御参拝の方へ 泥棒のためお宮がこわされましたので、お賽銭箱をなくしました。御参拝のみ お願い致します」と書かれています。そういえばお賽銭箱が見当たらず、覆屋にはカギが掛けられ金網も張られています。
やむなく金網ごしにカメラのシャッターを切ると、何とか本殿の写真を撮ることができました。中央の主祭神が「稲荷大明神」、向かって左に「愛宕山大権現」、右に「祇園牛頭天王」が、それぞれお祀りされています。
不景気のせいか、最近このような泥棒やイタズラが増えているようです。悲しいですね。