TOP > 洛中 >本能寺
本能寺の地図
表門
表 門
本堂(工事中)
本堂(工事中)
「信長公廟」
「信長公廟」
「信長公供養塔」
「信長公供養塔」
本能寺の変で戦死した者の碑
本能寺の変で戦死した者の碑
戦死者名を記した立札
戦死者名を記した立札
本堂東側にある日承上人の墓
本堂東側にある日承上人の墓
浦上玉堂/春琴親子の供養塔
浦上玉堂/春琴親子の供養塔

本能寺

「本能寺の変」であまりに有名なこの寺は過去に5度の焼失と7度の再建を経ていて、今は三方をビルに囲まれた中にあります。
本能寺の看板や門前の石碑(一番上の左の写真)で、「能」の右側の2つの「ヒ」が「去」のような字に替えられているのは、「『ヒ』(火)が『去』るように」、という意味なのだそうです。
賑やかな寺町通の商店街に、突然「大本山本能寺」の表門が建っているので、初めての人は少し驚いてしまいます。
本堂は現在修復中(平成24年3月31日までの予定)なので、写真によるご紹介はできませんが、本堂の裏側には「信長公供養塔」と本能寺の変の「陣没者碑」があります。
「陣没者墓碑」の横には、その陣没者の名簿を記した立札があり、最上段には「森蘭丸」「森力丸」兄弟らの名が刻まれています(クリックして拡大して見てください)。