TOP > 洛東 >法音院
<御寺泉涌寺の塔頭>
「洛陽三十三所観音巡礼」の第二十五番。
「泉涌寺七福神巡り」の第七番。
七番目の七福神「寿老人」がある。

住所 : 京都市東山区泉涌寺山内町30
公式HP : http://www4.ocn.ne.jp/~houonin/
付近の見所 : 泉涌寺戒光寺


(撮影 : 2010年11月20日)

● 写真をクリックすると拡大できます ●

山門
山 門
書院
書 院
寺務所
寺務所
本堂
本 堂
寺院庭園
寺院庭園
境内にある祠(名は分りませんでした)
境内にある祠(名は分りませんでした)

法音院

法音院(ほうおんいん)は、京都市東山区にある、真言宗泉涌寺派本山泉涌寺の塔頭。
「御寺(みてら)」として有名な泉涌寺への参道「泉涌寺道」の途中にある、小さなお寺です。泉涌寺の総門から少し歩くと、右側に「法音院」の山門が見えます。
鎌倉時代の末期に泉涌寺山内に創建され、応仁の乱で焼失しますが、江戸時代の初めに幕府の支援を得て現在の地で再建されました。
法音院は「洛陽三十三所観音巡礼」の第二十五番札所に当りますが、また「泉涌寺七福神巡り」の第七番でもあり、書院内には七番目の七福神「寿老人」を安置しています(ちなみに「泉涌寺七福神」の第一番は即成院の「福禄寿」、第二番は戒光寺の「弁財天」・・・となります)。
寿老人は道教の神様。「南極老人星」と呼ばれる星「カノープス」の化身で、健康長寿の神様とされています。福禄寿と似ていますが、福禄寿がいつも鶴を連れているのに対し、寿老人は鹿を連れているのが特徴。私が訪れたときは、残念ながらお姿を拝見することは出来ませんでした。
【ご利益】:健康長寿,智恵,商売繁盛,学業成就,金運,災難除け