TOP > 洛南 >宝塔寺
寺院正面
寺院正面
四脚門(総門,重文)
四脚門(総門,重文)
参道石段
参道石段
仁王門
仁王門
本堂正面
本堂正面
本堂(重文)
本堂(重文)
多宝塔(重文)
多宝塔(重文)
旧極楽寺の礎石(伽藍石)
旧極楽寺の礎石(伽藍石)
「日像荼毘所」の碑
「日像荼毘所」の碑
「昭宣堂(藤原基経を偲んで建立されたもの)」
「昭宣堂(藤原基経を偲んで建立されたもの)」
日像上人廟への入口
日像上人廟への入口
日像上人廟
日像上人廟
日像上人の像
日像上人の像
末社「都々逸(どどいつ)大明神」
末社「都々逸(どどいつ)大明神」
「七面大明神(七面堂)」の鳥居
「七面大明神(七面堂)」の鳥居
「七面大明神(七面堂)」本殿
「七面大明神(七面堂)」本殿

宝塔寺

宝塔寺は京都市伏見区(伏見稲荷大社の少し南)にある日蓮宗の寺院で、平安時代に藤原基経が創建した極楽寺が前身。元は源氏物語にも登場する真言宗の寺院でしたが、鎌倉時代の後期に、当時の住職が京都で布教活動を行っていた日像上人に帰依して改宗。名も改めて日蓮宗寺院「宝塔寺」となりました。
京都市内最古といわれる多宝塔や、本堂、四脚門(総門)などの重要文化財をはじめ、桃山時代の伽藍と7つの塔頭寺院を有する、とても立派で美しい寺院です。長い石段の参道は、時代劇のロケにもよく使われるのだそうです。
また寺院の背後の小山には、長い石段の上に、法華信仰を守護する七面大明神(七面天女)をお祀りするという「七面堂」があります。この石段の途中には、「芸能守護の神様」として、とても珍しい「都々逸(どどいつ)大明神」もありました。
【ご利益】:肺病平癒(夫婦塚)