TOP > 洛中 >市五郎大明神
<秀吉造営の「御土居」に建つ神社>
西大路通と御池通との交差点近くにある。
参道を歩いて御土居の上に出ることができる。
神社の周囲は樹木と雑草に覆われている。

住所 : 京都市中京区西ノ京原町




(撮影 : 2011年6月29日)

● 写真をクリックすると拡大できます ●

市五郎大明神正面の鳥居
市五郎大明神正面の鳥居
鳥居の扁額
鳥居の扁額
参道に並ぶ朱色の鳥居
参道に並ぶ朱色の鳥居
「史跡 御土居」の駒札
「史跡 御土居」の駒札
境内にある「史跡 御土居」の石標
境内にある「史跡 御土居」の石標
拝殿にある提灯
拝殿にある提灯
神社本殿
神社本殿
本殿正面
本殿正面
御土居へ上がる石段と石の灯篭
御土居へ上がる石段と石の灯篭
御土居の上にも神社があります。
御土居の上にも神社があります。

市五郎大明神

市五郎大明神(いちごろうだいみょうじん)という面白い名の神社が、西大路通と御池通との交差点近くの市街地にあります。
神社の創建は明治期といわれますから、決して古社でもないのですが、この神社はその建っている場所が「御土居(おどい)」の上、というところがユニーク。
「御土居」とは、かの豊臣秀吉が、外敵の来襲や鴨川の氾濫から市街を守るため都の周囲に築いた土塁のこと。土塁の内側は洛中、外側は洛外と呼ばれました。御土居は戦乱がなくなった江戸時代以降、次第に取り壊され、今は市内に残る9箇所が「史跡」に指定されています。
明治23年に、岡崎に住んでいた「北村利幾子」なる人物がご神託を受け、この御土居の上に祠を創建したのが「市五郎大明神」の始まり。神社が建てられたおかげで、ここの御土居は破壊を免れることができたのだそうです。
神社の周囲は樹木と雑草に覆われていて相当に不気味ですが、参道を歩いて御土居の上に登る貴重な体験をすることができます。ただし夏はヤブ蚊が多いのでご注意ください(私もだいぶ刺されました)。