TOP > 洛東 >インクライン
線路に沿って植えられた桜並木
線路に沿って植えられた桜並木
線路に沿って植えられた桜並木
線路に沿って植えられた桜並木
線路に沿って植えられた桜並木
線路に沿って植えられた桜並木
線路に沿って植えられた桜並木
線路に沿って植えられた桜並木
舟を載せる台車
舟を載せる台車
日本初の水力発電所「岡崎疏水発電所」
日本初の水力発電所「岡崎疏水発電所」
疏水工事を計画・指導した青年技師田辺朔郎の像
疏水工事を計画・指導した青年技師田辺朔郎の像
疏水トンネル掘削での殉職者慰霊碑
疏水トンネル掘削での殉職者慰霊碑

インクライン(蹴上)

インクラインは傾斜鉄道のことで、運河や山腹など、傾斜した路面で貨物を運搬する鉄道をいいます。京都市東山区の蹴上(けあげ)にあるインクラインも、水力発電を利用して舟を運ぶための鉄道ですが、現在は使われておらず「京都の桜の名所」になっています。
そもそもインクラインは、京都を水上輸送都市にしようという計画に基づき、琵琶湖の水を京都に引き込む疏水工事の一環として、明治時代に造られたもの。蹴上付近は標高差が大き過ぎるので、インクラインを利用して急勾配を下り、鴨川経由で京都市内に入っていく、という訳です。
舟運の衰退で昭和23年に運転休止となりますが、その後線路の両側に多くの桜が植えられ、今では京都市民の大切な憩いの場となっています。