TOP > 洛中 >岩上神社
<「授乳の神様」として信仰を集める>
西陣の住宅街の中にある小さな神社。
子供に化ける等の怪奇な逸話が残る。
元は二条城の南にあった巨石。

住所 : 京都市上京区浄福寺通上立売大黒町
付近の見所 :雨宝院



(撮影 : 2010年10月11日)

● 写真をクリックすると拡大できます ●

岩上神社
岩上神社
岩上神社の社殿正面
岩上神社の社殿正面
岩神様のアップ
岩神様のアップ
岩神様のもっとアップ
岩神様のもっとアップ
手水場
手水場
手水場の扁額には「岩神」と書かれています。
手水場の扁額には「岩神」と書かれています。

岩上神社

岩上神社(いわがみじんじゃ)という名の神社は日本全国にあり、京都でも左京区松ヶ崎にありますが、ここでご説明する神社は西陣の住宅街の中にあり、「岩神神社」と書かれることもあります。昔から、乳の出が良くなる「授乳の神様」として、ご婦人方から広く信仰を集めています。
岩上神社は、高さ2mほどの岩と、それを囲む祠と、その横の手水場とだけからなる、とてもシンプルな神社。地域の人々からは「岩神さん」として親しまれています。
この岩は元々二条城の南にあったところ、江戸時代の始め、形が良いので内裏の築山に移そうとしたら、いきなり吼え出したり、すすり泣いたり、子供に化けたり、数々の怪奇な現象が起こったとか。やむなく置きっぱなしとなりますが、後に真言宗の僧がこの岩を見つけ、御所からもらい受けて祠を建てお祀りしたのが神社の始まりだそうです。 母乳による子育てをする人はずいぶん少なくなったようですが、今日も若い女の人が2人、とても熱心に参拝をしていました(単なる観光客?)。
【ご利益】:授乳・子育て