TOP > 洛北 >実光院
実光院の地図
表門
表 門
表門から玄関へ
表門から玄関へ
玄関(札に「ドラをたたいて下さい」と書かれています)
玄関(札に「ドラをたたいて下さい」と書かれています)
客殿内部
客殿内部
客殿から南側庭園を見る
客殿から南側庭園を見る
抹茶とお菓子(八ツ橋饅頭でした)が運ばれてくる
抹茶とお菓子(八ツ橋饅頭でした)が運ばれてくる
南側庭園から客殿を見る
南側庭園から客殿を見る
西側庭園から客殿を見る
西側庭園から客殿を見る
庭園風景
庭園風景
庭園風景
庭園風景

実光院

実光院は、大原三千院前の参道を挟んで斜め向かい側にある、天台宗のお寺です。
また実光院はすぐ近くにある宝泉院と同じく、「大原問答」で有名な勝林院の僧院にあたります。つまり実光院のご本尊は勝林院にある阿弥陀仏ということになります。
建物は表門より一段低いところにあり、玄関の右手には「参拝される方はドラをたたいて下さい」と書かれた表札があります(書かれたとおり棒でドラを叩くと、坊の中から「どうぞおあがりください」の声)。
玄関を上がると広い客殿で、腰をおろすと西と南の庭園を広く見渡すことができます。
私が訪れたとき、参拝客は私の他に2人だけ。8月の暑い日だったのですがここは涼しい風が吹き、じっとしていると少しずつ汗が引いていくのを感じます。
しばらくすると抹茶とお菓子が運ばれて来て、「どうぞ」とていねいに勧めてくれます。
このとき音声テープからお坊さんの「声明(しょうみょう)」が流れてきて、これを聞きながらお茶菓子をいただく、というしくみ。
南の庭は見事な池泉鑑賞式庭園で、池の手前側が俗世間,向こう側が浄土の世界に見立てられているそうです。西の庭園は歩いて回ることができ、先代の住職さんが設計したという茶室もあります。
建物が低い場所にあるため目立たないお寺ですが、とてもきれいで落ち着いたところですので、大原へ行かれる方はぜひどうぞ。