TOP > 洛北 >神光院
神光院の地図
参道
参 道
山門
山 門
本堂
本 堂
中興堂
中興堂
境内の池
境内の池
境内(左は歌人太田垣蓮月が晩年を過ごした庵)
境内(左は歌人太田垣蓮月が晩年を過ごした庵)
境内にある弘法大師の石像
境内にある弘法大師の石像
「きゅうり封じ」の祈祷が行われる「きうり塚」
「きゅうり封じ」の祈祷が行われる「きうり塚」

神光院

神光院は「西賀茂の弘法さん」または「上(かみ)の弘法さん」と呼ばれ、古くから庶民に親しまれて来ました。
その昔、上賀茂神社の神主であった賀茂能久(かものよしひさ)が神からの神託を受けて創建したとか。神光院の名称はここから来ているそうです。
本堂には(東寺・仁和寺と並ぶ)京都三弘法のひとつとされ、弘法大師自らが刻んだと伝えられる「弘法大師像」が安置されていて、「厄除大師」の名で知られています。
7月には、土用の丑の日を中心に、弘法大師の密教秘法「きゅうり封じ」と呼ばれる疫病除け祈祷会が行われます。きゅうりに名前と年齢を書き込み、祈祷の後に家に持ち帰り、土に埋めたり川に流したりすると病が失せるといわれています。
サザンカの名所とされていますが、残念ながら私が訪れたのは少し遅かったようです。
【ご利益】:厄除け,眼病平癒,諸病平癒