TOP > 洛東 >勧修寺
勧修寺の地図
山門
山 門
中門
中 門
境内にある「さざれ石」
境内にある「さざれ石」
宸殿(明正殿)
宸殿(明正殿)
本堂
本 堂
書院(重文)
書院(重文)
書院前にある「臥竜の老梅」
書院前にある「臥竜の老梅」
水戸黄門が納めたという「勧修寺灯篭」
水戸黄門が納めたという「勧修寺灯篭」
観音堂
観音堂
「氷室池」前の広場
「氷室池」前の広場
「修行大師尊像」
「修行大師尊像」
弁天堂
弁天堂

勧修寺

勧修寺は真言宗山階派の大本山で、門跡寺院。ご本尊は千手観音。平安時代の中ごろに、醍醐天皇が母の菩提を弔うために創建したと伝えられます。
「かんしゅうじ」と読まれることもあるようですが、正式には「かじゅうじ」といいます。ただし地名として「勧修寺○○町」という場合は「かんしゅうじ」が正しいのだそうですから、なかなかフクザツ。
庭園は大きな「氷室池」を中心にした池泉回遊式庭園。私が訪れた日は桜がほぼ満開でしたが、スイレンやカキツバタが咲く季節にも、さぞかし綺麗なのだろうと思います。
観音堂の前の芝生の広場には、「自由にお入りください」の嬉しい立札があります。
広々としていて、穏やかな、ゆったりとした感じの美しいお寺です。