TOP > 洛中 >亀山稲荷神社
<丹波国亀山藩の京屋敷跡に建つ神社>
元は亀山藩京都松原邸の鎮守の神。
松原通と室町通の交差点に近いビルの間にある。
路地に沿って朱色の鳥居が並び立つ。

住所 : 京都市下京区松原通室町西入ル中野之町
付近の見所 :松原道祖神社新玉津嶋神社



(撮影 : 2010年10月2日)

● 写真をクリックすると拡大できます ●

亀山稲荷神社正面
亀山稲荷神社正面
鳥居の扁額
鳥居の扁額
鳥居の前にある「丹波国亀山藩京屋敷跡」の石碑
鳥居の前にある「丹波国亀山藩京屋敷跡」の石碑
参道には多くの鳥居が並び立っています。
参道には多くの鳥居が並び立っています。
神社本殿の正面
神社本殿の正面
本殿の扁額(花月大明神・白瀧大明神)
本殿の扁額(花月大明神・白瀧大明神)

亀山稲荷神社

下京区の松原通と室町通との交差点から西へ50mほど進んだところ、ビルとビルに挟まれた狭い路地に、朱色の鳥居がやけに目立つ小さな神社があります。
鳥居の前には 「丹波国亀山藩京屋敷跡」と刻まれた石標が立ち、左右には「花月大明神」「白瀧大明神」の2つの丸い石柱が立ち、さらに鳥居の扁額には「亀山稲荷」と書かれています。
少し混乱してしまいますが、「中野之町」名で書かれた掲示板の説明によれば、要するに、江戸前期にこの付近にあった芸州広島藩の京屋敷が、その後変遷して丹波亀山藩(現在の亀岡市)の屋敷となり、明治初期になって民有地となったが、この亀山藩京都松原邸の鎮守神として祀られていたのが亀山稲荷で、そのご祭神が白瀧大明神と花月大明神である、とのことのようです。
明治以降は中野之町の管理のもとに正月祭や初午祭、火焚祭などが行われ、地域の信仰を集めています。
【ご利益】:諸厄除災,商売繁昌,家庭円満