TOP > 洛中 >菅大臣神社
<菅原道真公の邸宅跡に建つ神社>
道真公が幼少のころ研学したところ。
道真公誕生の地ともいわれる。
境内北の路地奥には「北菅大臣神社」がある。

住所 : 京都市下京区仏光寺通新町西入ル菅大臣町
付近の見所 : 新玉津嶋神社と俊成社繁昌神社
大原神社平等寺(因幡薬師堂)
松原道祖神社

(撮影 : 2010年10月11日)

● 写真をクリックすると拡大できます ●

菅大臣神社の西側大鳥居
菅大臣神社の西側大鳥居
大鳥居の扁額
大鳥居の扁額
菅大臣神社参道
菅大臣神社参道
菅大臣神社拝殿正面
菅大臣神社拝殿正面
菅大臣神社拝殿
菅大臣神社拝殿
拝殿の扁額
拝殿の扁額
手水舎
手水舎
神牛
神 牛
末社(老松社・火御子社)
末社(老松社・火御子社)
末社(白太夫・福部社)
末社(白太夫・福部社)
拝殿前にある「飛梅」
拝殿前にある「飛梅」
春崎稲荷社・三玉稲荷社
春崎稲荷社・三玉稲荷社
「北菅大臣神社」へ至る路地
「北菅大臣神社」へ至る路地
路地横にある「菅家邸址」の石碑
路地横にある「菅家邸址」の石碑
「北菅大臣神社」
「北菅大臣神社」
北菅大臣神社鳥居の扁額(「紅梅殿」と書かれている)
北菅大臣神社鳥居の扁額(「紅梅殿」と書かれている)

菅大臣神社

菅大臣神社はいうまでもなく菅原道真公を祭神とする神社。この地は元々道真公の邸宅跡で、菅家廊下(かんけろうか)といわれた学問所跡でもあります。
神社は道真公の没後まもなく創建されますが、たびたび兵火にあって焼かれ、鎌倉時代には南北2つに分けられてしまいます。「菅大臣神社」は南側の社に当たり、天神御所または白梅殿と呼ばれます。また北側鳥居から仏光寺通に出ると、道路の向かい側に路地がありますが、その奥にある「紅梅殿」の扁額を掲げた神社が「北菅大臣神社」になります。この北側の社は民家の間に挟まれたとても小さなものですが、道真公の父是善(これよし)公をお祀りする神社で、菅家廊下や道真公の書斎があったところとされています。
菅大臣神社は道真公誕生の地と伝えられますが、上京区の「菅原院天満宮神社」と南区の「吉祥院天満宮」もそれぞれ道真公誕生の地といわれていて、どれが本当かは良く分らないようです。
【ご利益】:学業成就・入試合格