TOP > 洛北 >貴船神社
参道入口
参道入口
参道石段
参道石段
表門
表 門
本殿参拝者のすごい行列
本殿参拝者のすごい行列
本殿前
本殿前
「水占」の御神水
「水占」の御神水
本殿の脇にある「絵馬発祥の杜」の立札
本殿の脇にある「絵馬発祥の杜」の立札
和泉式部の歌碑「もの思えば沢の蛍もわが身より・・・」
和泉式部の歌碑「もの思えば沢の蛍もわが身より・・・」
「天の磐船」(立札のすぐ左にある石)
「天の磐船」(立札のすぐ左にある石)
貴船神社中宮「結社(ゆいのやしろ)」
貴船神社中宮「結社(ゆいのやしろ)」
「思ひ川」にかかる橋と鳥居
「思ひ川」にかかる橋と鳥居
奥宮への参道
奥宮への参道
奥宮の表門
奥宮の表門
奥宮拝殿
奥宮拝殿
奥宮本殿
奥宮本殿
奥宮本殿のすぐ脇にある「御船形石」
奥宮本殿のすぐ脇にある「御船形石」
貴船川のほとりにある「蛍石」
貴船川のほとりにある「蛍石」
貴船川の清流
貴船川の清流

貴船神社

貴船神社は、神武天皇の母である玉依媛命(たまよりひめのみこと)が黄色い船に乗ってこの地に上陸し、水神を祀ったことに由来するといわれています。このため古くから「水の神様」として信仰を集め、「貴船」の名もこの「黄船」に由来するといわれます。
本殿の拝殿前には霊泉が湧き出ていて、この水におみくじを浮かべると文字が浮かび上がるという「水占」が、近年特に若い女性の間で人気を呼んでいます。
また貴船の町は、鞍馬山の西の山間を流れる貴船川に沿って開けているため、夏場でも市街地より3度ほど低く、美しい周りの風景と相まって、京の避暑地として人気があります。
京都市内から遠い山あいの地ではありますが、春から秋の観光シーズンには大変な人出となりますので、交通手段には十分にご注意下さい。貴船へ来るには、叡山電鉄「貴船口駅」からバス(4分くらい)か、または徒歩(30分くらい)を選ぶのが賢明。道路の幅が狭いため、観光シーズンに乗用車で来るのはかなり冒険と思います。
【ご利益】:雨乞い,縁結び(結社),縁切り(奥の宮),航海安全(船形石),防火・消防,諸願成就