TOP > 洛西 >金閣寺(鹿苑寺)
<京都観光のメッカのひとつ>
臨済宗の寺院「相国寺」の境外塔頭。
元は足利義満造営の邸宅「北山殿」。
金色に輝く舎利殿「金閣」は世界的に有名。

住所 : 京都市北区金閣寺町1
公式HP : http://www.shokoku-ji.or.jp/kinkakuji/
付近の見所 : 大宝寺(不思議不動院)龍安寺
わら天神宮(敷地神社)

(撮影 : 2010年12月12日)

● 写真をクリックすると拡大できます ●

参堂入口にある黒門
参堂入口にある黒門
総門
総 門
金閣(舎利殿)と鏡湖池
金閣(舎利殿)と鏡湖池
金閣のアップ
金閣のアップ
陸舟(りくしゅう)の松
陸舟(りくしゅう)の松
春日明神を祀る榊雲(シンウン)
春日明神を祀る榊雲(シンウン)
銀河泉(ぎんがせん)
銀河泉(ぎんがせん)
竜門の滝(りゅうもんのたき)
竜門の滝(りゅうもんのたき)
安民沢(あんみんたく)と白蛇塚
安民沢(あんみんたく)と白蛇塚
貴人橸(きじんとう)(石の腰掛)
貴人橸(きじんとう)(石の腰掛)
茶室「夕佳亭(せっかてい)」
茶室「夕佳亭(せっかてい)」
夕佳亭の内部
夕佳亭の内部
不動堂
不動堂
荼枳尼天(だきにてん)
荼枳尼天(だきにてん)

金閣寺(鹿苑寺)

世界文化遺産に指定されている金閣寺は正式名称を鹿苑寺(ろくおんじ)といい、嵐山や清水寺と並ぶ、京都を代表する観光地のひとつです。上京区にある臨済宗相国寺の境外塔頭(銀閣寺も同じ)で、鎌倉時代に建立された西園寺が寺院の始まり。鎌倉幕府の滅亡後に足利義満がここに邸宅を造営し、義満の死後、遺言によって鹿苑寺という名の禅寺となりました。
金色に輝く有名な金閣(舎利殿)は、ご存知のとおり1950年の火災で全焼しますが、5年後にはほぼ焼失前の状態に再建され、元の美しい輝きを取り戻しています。
また境内にある不動堂は、弘法大師作と伝えられる石不動明王をご本尊としていて、眼病に霊験あらあたかといわれています。そのほか金閣寺の境内には、江戸時代の茶道家金森宗和が建てた茶室「夕佳亭(せっかてい)」や、足利義満が手植えしたと伝えられる「陸舟の松(りくしゅうのまつ)」、等々もあります。でも一般の観光客の方たちは、金閣以外はあまり興味がなく、簡単に通り過ぎてしまう人が多いように見えます。確かに、金閣に比べるとすべて「小つぶ」に見えてしまうのは、仕方のないことかも知れませんが。
【ご利益】:眼病の平癒(不動堂)