TOP > 洛中 >光縁寺
光縁寺の地図
表門
表 門
「新撰組の墓」と刻まれた石碑
「新撰組の墓」と刻まれた石碑
屋根瓦の紋が新撰組総長山南敬介の家紋と同じ
屋根瓦の紋が新撰組総長山南敬介の家紋と同じ
本堂(墓地はこの裏にあります)
本堂(墓地はこの裏にあります)
山南敬介らの墓石
山南敬介らの墓石
沖田総司の愛人?の墓石
沖田総司の愛人?の墓石
墓地にあった巨大鬼瓦
墓地にあった巨大鬼瓦
新徳寺(新徳禅寺)表門
新徳寺(新徳禅寺)表門

光縁寺

光縁寺は京福電鉄四条大宮駅に近い浄土宗のお寺で、知恩院の末寺にあたります。
新撰組ゆかりの壬生寺や前川邸・八木邸からも近く、また新撰組の馬小屋も近かったため、幕末当時は門前を新撰組隊士が毎日のように往来していたそうです。
写真に見えるように、屋根瓦の紋が新撰組総長山南敬介の家紋と同じであったことから、新撰組との関係を持つようになり、亡くなった多くの隊士がこの寺院に埋葬されるようになりました。
前川邸で切腹した山南敬介自身のお墓もここにあり、また沖田総司の愛人ではないか、とされる人のお墓もあります。
このほかにも、野口健司や藤堂平助、伊東甲子太郎等々、有名な隊士がこのお寺に埋葬されましたが、その後多くの人は別の寺院に改葬されたのだそうです。
新撰組隊士の墓所としては一般的には壬生寺の壬生塚が有名ですが、宝塚歌劇の方々が新撰組の役を演ぜられるときは、この光縁寺に必ずお参りに来られるそうです。
最下段右の写真は、まだ新撰組ができる前、江戸から上洛した浪士達に清河八郎が尊皇攘夷の大演説を行ったことで知られる新徳寺(光縁寺の近くにあります)。近藤勇らは清河の意見に納得できず、芹沢鴨らと共に新撰組を結成することになります。「誠」に残念ですが、新徳寺の内部は非公開です。