TOP > 洛東 >金戒光明寺
金戒光明寺の地図
高麗門(「京都守護職本陣」と書かれています)
高麗門(「京都守護職本陣」と書かれています)
三  門
三 門
本堂(御影堂)
本堂(御影堂)
文殊塔と黒谷墓地
文殊塔と黒谷墓地
黒谷墓地から京都市街を臨む
黒谷墓地から京都市街を臨む
会津藩士墓所
会津藩士墓所
会津藩士墓所
会津藩士墓所
会津小鉄の墓
会津小鉄の墓

金戒光明寺

金戒光明寺は、「こんかいこうみょうじ」という長い名前のためでしょうか、京都ではその地名をとって単に「黒谷(くろだに)」または親しみをこめて「黒谷さん」と呼ばれます。
平安時代の後期に、比叡山で修行していた法然上人がここ黒谷の地に下りて草庵を結んだといわれ、これが浄土宗最初の寺院となります。 阿弥陀堂の東側の石段沿いには広大な黒谷墓地が広がり、その数一万基といわれる墓碑が京都市街を見下ろすように立ち並んでいます。
黒谷は幕末に「京都守護職会津藩」の本陣が置かれたことでも有名。鳥羽伏見の戦いなどで亡くなった会津藩士の墓地もここにあります。 そしてそのすぐ近くの「西雲院」には、侠客「会津小鉄」のお墓もあります。
会津小鉄は、お世話になった会津藩への恩義に報いるため、官軍によって埋葬が禁じられ野ざらしとなっていた会津藩の死者を、制裁を恐れることなく配下に命じて引取り埋葬し供養したとされています。
岡の斜面で西日を受けて輝くおびただしい数の墓石は圧巻です!
【ご利益】:試験合格,厄除け