TOP > 洛西 >金地院
金地院の地図
山門
山 門
庫裏
庫 裏
開山堂
開山堂
方丈(重文)
方丈(重文)
鶴亀の庭(左に見えるのは方丈)
鶴亀の庭(左に見えるのは方丈)
方丈側から見た鶴亀の庭
方丈側から見た鶴亀の庭
東照宮への参道
東照宮への参道
東照宮(重文)
東照宮(重文)

金地院

金地院は、臨済宗南禅寺派総本山南禅寺の塔頭の1つ。
室町幕府4代将軍足利義持が創建したお寺で、狩野派による襖絵や小堀遠州作の方丈庭園が有名ですが、ここには家康の御霊を祀った「金地院東照宮」があります。
東照宮といえば日光や久能山の絢爛豪華な姿が良く知られていますが、ここ金地院東照宮 も豪華な彫り物や彩色がほどこされていて、拝殿天井には狩野探幽の筆による「鳴龍」が描かれているそうです(よく見えませんでしたが)。
東山の南禅寺のすぐ近くにありますが、入口があまり目立たないため、素通りしてしまう人も多いのではないでしょうか。お堂も庭園も大変立派なお寺ですので、ぜひ一度立ち寄ってみてください。
方丈の縁側に座って見る「鶴亀の庭」は広々としていて、本当に気持ちが良いですよ。