TOP > 洛東 >満足稲荷神社
<安土桃山時代に豊臣秀吉が創建>
東大路通と三条通との交差点の北にある。
秀吉が朝鮮出兵の戦勝を祈願して創建。
「満足」の名は秀吉が霊験に満足したため。

住所 : 京都市左京区東大路仁王門下ル東門前町




(撮影 : 2011年2月11日)

● 写真をクリックすると拡大できます ●

満足稲荷神社参道入口の鳥居
満足稲荷神社参道入口の鳥居
鳥居の扁額
鳥居の扁額
境内にある二の鳥居
境内にある二の鳥居
片方の「狛キツネ」は稲穂をくわえています。
片方の「狛キツネ」は稲穂をくわえています。
舞殿
舞 殿
舞殿から見た本拝殿
舞殿から見た拝殿
拝殿
拝 殿
本殿
本 殿
「もちの木」と「岩神さん」
「もちの木」と「岩神さん」
三社(大神宮社・大国主社・猿田彦社)
三社(大神宮社・大国主社・猿田彦社)
神馬
神 馬
手水鉢(龍の像がとても見事です)
手水鉢(龍の像がとても見事です)

満足稲荷神社

満足稲荷神社(まんぞくいなりじんじゃ)は「満足さん」とも呼ばれ、東大路通と三条通との交差点から、北へ、つまり東大路通を100mほど上がったところにあります。
満足稲荷神社の創建は安土桃山時代。豊臣秀吉が朝鮮出兵に際して稲荷神に戦勝を祈願し、その霊験があらたかであったとして、伏見城内に守護神を祀ったのが神社の始まりです。このとき秀吉が「満足じゃあ!」と言ったか言わなかったかは分かりませんが、とにかくとても満足したようで、これが「満足稲荷神社」の名の由来となりました。江戸時代に入ると伏見城は破壊されてしまいますが、神社は第5代将軍徳川綱吉によって現在の地に無事に移されました。
神社の境内には、樹齢400年以上といわれるご神木の「モチノキ」があり、また、撫でると頭がよくなり撫でた手で体の悪いところをさすると治るといわれる神石の「岩神さん」もあります。さらにご利益は「商売繁盛、開運、家内安全、厄除開運、交通安全、合格祈願、良縁祈願」等々と幅広く、これだけたくさんあれば確かに満足すべきかも知れません。
そういえば、豊臣秀吉ゆかりの神社では「出世稲荷神社」も有名。こちらの神社のご利益は「開運出世、立身出世、地位名望、商売繁盛、金銀財宝、千客万来、生業大繁栄、善智識、延命長寿、病気平癒」ですから、これもかなり「満足」すべき状態です(「満足」より「欲張り」に近いかも)。
【ご利益】:商売繁盛,開運,家内安全,厄除開運,交通安全,合格祈願,良縁祈願