TOP > 洛東 >摩利支尊天堂(禅居庵)
摩利支尊天堂の地図
八坂通側にある表門
八坂通側にある表門
本堂
本 堂
本堂
本 堂
猪の姿をした狛犬
猪の姿をした狛犬
境内にある猪の像
境内にある猪の像
手水場にも猪
手水場にも猪

摩利支尊天堂(禅居庵)

摩利支尊天堂は建仁寺塔頭の禅居庵(非公開)の一部ですが、ここは八坂通・大和大路から自由に出入りできます。
ご本尊の摩利支尊天は陽炎を神格化したインドの軍神(女神)で、護身・得財・勝利などをつかさどり、日本では武士の守護神とされています。
普通は「まりしてん」、これが訛って「まるしてん」といわれることもあります。
「三面六臂」つまり三つの顔と六本の腕を持っていて、七頭の猪に乗った姿をしているため、境内には至る所に狛犬ならぬ狛猪(こまいのしし)がいっぱいあります。
摩利支天様を信仰すれば、いっさいの災難をのぞくことができるとか。特に亥年生まれの人には御利益が大きいそうで、イノシシの絵馬が多数奉納されています。
金沢宝泉寺の摩利支天、東京上野広小路の摩利支天と並ぶ「日本三大摩利支天」のひとつ。
【ご利益】:開運勝利,福利円,災難除け