TOP > 洛西 >松尾大社
松尾大社の地図
大鳥居
大鳥居
楼門
楼 門
本殿
本 殿
全国の酒造会社から奉納された酒樽
全国の酒造会社から奉納された酒樽
霊水「亀の井」
霊水「亀の井」
境内末社(滝御前社)
境内末社(滝御前社)
「松風苑」の一部(入口から撮影しました)
「松風苑」の一部(入口から撮影しました)
山吹の花が庭にたくさん咲いていました
山吹の花が庭にたくさん咲いていました
「お酒の資料館」
「お酒の資料館」
「お酒の資料館」の内部
「お酒の資料館」の内部

松尾大社

松尾大社は、賀茂神社と並ぶ京都で最も古い神社で、四条通の西の端、桂川にかかる松尾橋を渡ったところに大鳥居が建っています。
京都映画村のある太秦(うずまさ)にも名を残す渡来人秦一族の氏神として栄えたそうですが、今は何より「酒造の神様」として有名です。
境内にある「亀の井」の水がお酒に変わったという逸話があり、本殿の左右には、全国の酒造家から奉納されたたくさんの酒樽が飾られています。境内には「お酒の資料館」もあり、昔の酒造りの道具などが陳列されています。
また松尾大社は「山吹の名所」としても有名で、境内のあちこちに多くの山吹が植えられ、美しい花を咲かせています。美しい庭園「松風苑」も有名ですが、ここは有料ですので、私は見ておりません(拝観料は大人500円だそうです)。
【ご利益】:酒造