TOP > 洛南 >明治天皇陵
明治天皇陵の地図
金「明治天皇陵・昭憲皇太后陵」の石碑と参道
「明治天皇陵・昭憲皇太后陵」の石碑と参道
「明治天皇伏見桃山陵」の制札
「明治天皇伏見桃山陵」の制札
明治天皇陵墓前の石段
明治天皇陵墓前の石段
石段の上でラジオ体操をしているオジサン
石段の上でラジオ体操をしているオジサン
明治天皇陵墓正面
明治天皇陵墓正面
昭憲皇太后陵
昭憲皇太后陵

明治天皇陵(伏見桃山陵)

明治天皇のお墓である伏見桃山陵は、伏見桃山城のすぐ東南にあります。豊臣秀吉が建てた旧伏見城の天守閣はこの辺りにあったのではないか、といわれている場所です。
長い長い参道を歩いて「もう疲れた」と言いたくなったころ、天にも届くような強烈な石段が見えます。
よほど体力と根性がなければこれを登り切ることはできないでしょうが、ご安心ください、なだらかな迂回ルートが別にあります(もちろん私はこのなだらかルートを通りましたが、これも遠いですよ)。
この石段の上に宇治の街並みを見渡すことができる広場があり、円い形の天皇墓があります。
この明治天皇陵の東隣には昭憲皇太后陵、つまり明治天皇皇后のお墓「伏見桃山東陵」があります。明治天皇のお墓とそっくりに造られていますが、例の石段はありません。
それにしても、この2つの陵墓の本当に広いこと広いこと。見て回るだけで相当の運動量になりますので、運動不足の方はチャレンジしてみてください。