TOP > 洛南 >三室戸寺
金戒光明寺の地図
参道入口
参道入口
山門
山 門
境内全景
境内全景
本堂
本堂遠景
本堂
本堂近景
鐘楼
鐘 楼
三重塔
三重塔
「浮舟古跡碑」
「浮舟古跡碑」
「宝勝牛」(口の中の玉を撫でると勝運が付くそうです)
「宝勝牛」(口の中の玉を撫でると勝運が付くそうです)
「不動水」の霊泉
「不動水」の霊泉
十八神社(重要文化財)
十八神社(重要文化財)
芭蕉句碑「山吹や宇治の焙炉の匂ふとき」
芭蕉句碑「山吹や宇治の焙炉の匂ふとき」

三室戸寺

三室戸寺は宇治平等院の少し北東にあり、西国三十三ヶ所巡りの第十番札所です。
創建に関する正確な事情ははっきりしないようですが、光仁天皇が建立し、花山天皇が第十番札所に定めたとされています。
本尊も千手観音像ということですが、これも秘仏との理由で写真すら公開されていません。
何かと分からないことの多い寺院ですが、その名は古くから有名。
「源氏物語」ゆかりの地として知られ、境内には源氏物語五十四帖の最後「宇治十帖」にちなんで立てられた「浮舟古跡碑」があり、源氏物語ファンの多くがここを訪れるそうです。
また本堂の前には多くのハスの鉢が置かれ、さらに五千坪といわれる庭園には二万株のツツジ、一千本のシャクナゲ、一万株のアジサイが一面に植えられていて、「あじさい寺」等としても有名。秋には紅葉の名所にもなります。
山にこもって厳しい修行を行うことで知られる本山修験宗の別格本山。ちなみに、京都市左京区にある聖護院門跡が同じ宗派の総本山となります。
【ご利益】:勝負必勝(宝勝牛),ガン封じ,病気平癒,金運,健康