TOP > 洛西 >南真経寺
<関西で初めての日蓮宗寺院>
京都府向日市にある(北真経寺もある)。
日蓮上人の弟子・日像上人が創建。
もとは1つの真経寺であった。

住所 : 京都府向日市鶏冠井町大極殿

付近の見所 : 北真経寺向日神社長岡宮跡


(撮影 : 2012年3月3日)

● 写真をクリックすると拡大できます ●

山門
山 門
南真経寺の説明看板
南真経寺の説明看板
山門横にある「鶏冠山 真経寺」の石標
山門横にある「鶏冠山 真経寺」の石標
石標の側面には「日蓮宗関西最初弘教之地」の文字。
石標の側面には「日蓮宗関西最初弘教之地」の文字。
開山堂
開山堂
開山堂の扁額(本阿弥光悦の書)
開山堂の扁額(本阿弥光悦の書)
本堂
本 堂
本堂の扁額
本堂の扁額
日蓮上人の像
日蓮上人の像
鐘楼
鐘 楼

南真経寺

京都府向日市の「鶏冠井町(かいでちょう)」という難しい名前の地域には、阪急電鉄を挟んで「南真経寺」と「北真経寺」という、2つのお寺があります。どちらも「鶏冠山」という山号をもち、その昔は「真経寺」という一つの寺院でした。
真経寺は、鎌倉時代後期の徳治2年(1307)に、日蓮上人の弟子の「日像(「にちぞう」または「にちじょう」)上人」によって、関西で始めて創建された日蓮宗の寺院です。ただし、もともとこの地には真言寺という名の真言宗の寺院が存在し、その住職であった「実賢律師」が日像上人に帰依して日蓮宗に改宗。このとき寺院も真経寺と改名することになったといわれています。
日像上人は、文永6年(1269)に下総国に生まれて永仁2年(1294)に京都に入り、比叡山宗徒からの激しい
攻撃にさらされて何度も洛中追放の目に会いながら、熱心に日蓮上人の教えを広めた人物。真経寺は上人の布教活動の拠点となり繁栄の道を歩みますが、江戸時代初期に南北2つの寺院に分割されてしまいます。
この後、北真経寺は学僧のための壇林(学問所)となり、南真経寺はもっぱら鶏冠井村民の信仰の場となりました。
南真経寺は、参道の正面にある本堂っぽい建物が開山堂で寛永11年(1634)に、本堂はその右横にあって正徳4年(1714)に、鐘楼は元禄12年(1699)に、それぞれ建立されたもの。開山堂と本堂はどちらも京都府登録有形文化財に指定されていて、開山堂に掲げられている「真経寺」の扁額は本阿弥光悦の書によるものだそうです。阪急電鉄西向日駅から北西へ300mほど行った、住宅街の中にあるとても静かなところ。お時間があれば、もう一つの北真経寺とセットで、一度訪ねてみてください。