TOP > 洛東 > 三嶋神社
<「うなぎの神様」として知られる>
平成15年には秋篠宮殿下もご参拝。
安産・子授け・夫婦和合のご利益。
マンション裏にある小さな神社。

住所 : 京都市東山区東大路通東入上馬町3丁目
付近の見所 : 香雪院山王神社


(撮影 : 2015年10月25日)

● 写真をクリックすると拡大できます ●

神社の案内看板
神社の案内看板
神社の正面(マンションの裏にあります)
神社の正面(マンションの裏にあります)
神社本殿
神社本殿
本殿の正面
本殿の正面
鳥居の扁額
鳥居の扁額
本殿の扁額
本殿の扁額
揺向石(ようこうせき)
揺向石(ようこうせき)
奉納された絵馬
奉納された絵馬
社務所
社務所
手水場神社の看板
手水場

三嶋神社

東大路通の馬町交差点から、渋谷街道(しぶたにかいどう)を東へ300mほど行ったところの信号のある小さな交差点に、「三嶋神社(みしまじんじゃ)」と書かれた小さな案内看板があります。案内の通りここから北へ細い道を進むと、道路を挟んで左側に民家風の社務所があり、右側に赤い鳥居の神社がマンションの裏壁にへばりつくように建っています。
とても小さな目立たない神社なのですが、ここは全国でも珍しい「うなぎの神様」。
ここにお祀りされている三神のうち、大山祇神(おおやまづみのかみ)のお使いが「うなぎ」なのだとか。毎年10月26日には全国のうなぎ業者が大勢参加して「鰻祭(鰻放生大祭)」が行われ、なんと秋篠宮殿下も平成15年5月にここへご参拝されたそうです。
またここ三嶋神社は、安産・子宝・子授け・夫婦和合等のご利益があるといわれ、境内に置かれた「揺向石(ようこうせき)」に触れると元気な男の子が生まれるといわれています。秋篠宮殿下ご参拝の後に悠仁親王殿下がご誕生されたこともあり、当時はそのご利益が話題となりました。
なお、ここで子授け等を祈願した人は「願いがかなうまで、うなぎを食べてはいけない」そうですので、ご注意ください。

【ご利益】:安産、子宝、