TOP > 洛西 >向日神社
<本殿は明治神宮のモデルとなった>
京都市の南西の向日市にある。
奈良時代初めに創建された古社。
重文の本殿は三間社流造の代表的建築物。

住所 : 京都府向日市向日町北山六十三番地
公式HP : http://www.geocities.jp/mukojinjahp/



(撮影 : 2011年1月1日)

● 写真をクリックすると拡大できます ●

向日神社の正面
向日神社の正面
日像上人の「説法石」
日像上人の「説法石」
石畳の長い参道
石畳の長い参道
初詣参拝者の行列
初詣参拝者の行列
舞楽殿
舞楽殿
舞楽殿
舞楽殿
拝殿
拝 殿
本殿
本 殿
勝山稲荷神社
勝山稲荷神社
勝山稲荷神社
勝山稲荷神社
勝山稲荷神社(元稲荷)
勝山稲荷神社(元稲荷)
勝山稲荷神社(元稲荷)
勝山稲荷神社(元稲荷)
天満宮社
天満宮社
五社神社
五社神社
祖霊社
祖霊社
春日社
春日社
御霊神社
御霊神社
向日大明神・秀丸大明神
向日大明神・秀丸大明神
勝山身代り不動明王
勝山身代り不動明王
勝山身代り不動明王(磐倉)
勝山身代り不動明王(磐倉)
勝山身代り不動明王(不動尊)
勝山身代り不動明王(不動尊)
鶏冠木(かえるで)の苑
鶏冠木(かえるで)の苑
神変大菩薩社
神変大菩薩社
絵馬(「弟国之宮」と書かれている)
絵馬(「弟国之宮」と書かれている)

向日神社

向日神社(むこうじんじゃ)は、京都市の南西の地、向日市にあります。
奈良時代初めの養老2年(718)の創建と伝えられ、物集女(もずめ)街道沿いの商店街に向けて、大きな石の鳥居が建っています。
美しい石畳の参道には両側に桜が植えられ、広い境内には多くの摂社末社があります。神社の背後には京都府でも最古級といわれる古墳群があり、また神社鳥居の左隅には「日像上人の説法石」といわれる大きな石が置かれています(日像上人は日蓮聖人の孫弟子に当たり、他宗派からの迫害を受けて京都から追放されたとき、この石の上に座って説法したといわれています)。
重要文化財に指定されている本殿は、室町時代の応永25年(1418)に建造されたもの。「三間社流造(さんげんしゃながれづくり)」の代表的な建築物とされ、東京の明治神宮の本殿はこの向日神社の本殿をモデルにして造られたのだそうです。
私がこの向日神社を久しぶりに訪れたのは、2011年1月元旦で、参道には参拝者の行列が長く伸び、とても賑やかでした。でもこの神社、普段の日は参拝者が少なく、境内はガランとしていて、本当に静かです。古い歴史と立派な社殿をもつ、とても由緒正しい神社なのですが、周囲の街や道路が古くて狭いからでしょうか。