TOP > 洛東 >妙法院
山門
山 門
庫裏(国宝)
庫裏 (国宝)
玄関
玄 関
境内(前庭)
境内(前庭)
本堂(普賢堂)
本堂 (普賢堂)
宸殿
宸 殿
寺院事務所
寺院事務所
妙法院の案内板
妙法院の案内板

妙法院

妙法院は七条通の東の突当り、智積院のすぐ北隣にある天台宗の寺院で、開基は最澄。
青蓮院、三千院とともに「天台三門跡」と呼ばれる門跡寺院でもあります(塀の外壁に描かれた5本の白い横線が、「門跡寺院のしるし」です)。
庫裏は国宝、大書院は重文ですが、特別公開の時を除いて、一般には公開されていません。従って写真は前庭から見える部分だけ、ということになりました(特別公開時でも内部撮影は禁止だそうですので、結局同じですが・・・)。
庫裏はお坊さん達が食事をしたり、入浴や休息等の日常生活をおくるところですから、これが国宝に指定されるのは極めて珍しいといえます。入口から中をのぞくと、柱も天井も黒光りして、なるほどガッチリとした立派な造りとなっています。
毎年11月頃に特別公開が行われるそうですので、機会がありましたら是非どうぞ。