TOP > 洛西 >長岡天満宮
長岡天満宮の地図
正面大鳥居
正面大鳥居
八条ヶ池を横切る参道はツツジで真っ赤
八条ヶ池を横切る参道はツツジで真っ赤
中央参道(神社へ向かう道)
中央参道(神社へ向かう道)
中央参道(神社側から見たところ)
中央参道(神社側から見たところ)
参道にある石橋(池の向こうに見えるのは「錦水亭」)
参道にある石橋(池の向こうに見えるのは「錦水亭」)
八条ヶ池
八条ヶ池
ツツジのアップ写真
ツツジのアップ写真
参道
参 道
本殿
本 殿
神牛
神 牛
末社(長岡稲荷大明神)
末社(長岡稲荷大明神)
末社(笠松地蔵尊)
末社(笠松地蔵尊)

長岡天満宮

長岡天満宮は、菅原道真公が大宰府へ左遷となったとき、この地に立ち寄ったことにより創建されたもの。
阪急電鉄京都線の「長岡天神」駅から西へ徒歩10分ほどの場所にあり、神社前には「八条ヶ池」が美しく整備され、全体が市民公園のようになっています。
天満宮といえば梅林。神社の周囲にも本殿の裏にも梅林があり、2月下旬には多くの美しい花を咲かせてくれます。また八条ヶ池の周囲の堤にはサクラも数多く植えられていて、満開のときは神社の全体がとても明るい華やかさに包まれます。
しかし、ここは梅よりも桜よりも、何よりも「キリシマツツジの名所」として有名。
満開の時期は4月末から5月初めにかけて。この季節は観光客が思わず歓声をあげるほど、ツツジの花で参道が見事に真っ赤に染まります。これほど見事なツツジは、私も他所で見たことがありません。一見の価値は十分過ぎるほどにあると思います(ただし、満開の時期を逃さないようにして下さい)。
【ご利益】:学業成就,家内安全,交通安全,書道上達