TOP > 洛西 >小倉神社
<大山崎町の天王山麓にある神社>
奈良時代創建の古社。
平安京の裏鬼門除けとして崇敬を集める。
山崎合戦の際には羽柴秀吉が戦勝を祈願。

住所 : 京都府乙訓郡大山崎町円明寺鳥居前83



(撮影 : 2012年5月19日)

● 写真をクリックすると拡大できます ●

参道入口
参道入口
参道入口の石標
参道入口の石標
一の鳥居
一の鳥居
一の鳥居の扁額(書は小野道風)
一の鳥居の扁額(書は小野道風)
真っすぐに延びる参道
真っすぐに延びる参道
二の鳥居
二の鳥居
割拝殿
割拝殿
拝殿
拝 殿
本殿への石段
本殿への石段
本殿
本 殿
左から「八幡宮,天照皇大神宮,若宮」
左から「八幡宮,天照皇大神宮,若宮」
亀の手水
亀の手水
不動明王と不動の滝
不動明王と不動の滝
ご神木(樹齢は500年以上とか)
ご神木(樹齢は500年以上とか)
やちまた宮
やちまた宮
熊野神社
熊野神社
天満宮
天満宮
若宮神社
若宮神社
稲荷神社
稲荷神社
龍王神社
龍王神社
神輿安置所
神輿安置所
長岡京市にある「小倉神社御旅所」
長岡京市にある「小倉神社御旅所」

小倉神社

小倉神社 (おぐらじんじゃ) は、京都府の南西、乙訓郡大山崎町の天王山の麓にある神社です。
創建は奈良時代の養老2年(718)といいますから、日本書紀が出来る2年前のこと。とても古い神社です。
平安京への遷都以後は、御所の南西の「裏鬼門除け」の神社として崇敬を集め、今もここは「方除け」のご利益で知られています。
「天下分け目の合戦」として知られる「山崎の合戦(1582年)」では、ここで羽柴秀吉が明智軍に対する戦勝を祈願したといわれ、また幕末の「蛤御門の変(1864年)」では、ここで徳川方が戦勝を祈願したといわれます。
参道は長く、鬱蒼とした木々に囲まれているのですが、入口のすぐ横が小学校のため、途中までは結構にぎやかな声が聞こえます。境内はさすがに静かで、直線的に並んだ割拝殿、拝殿、本殿が、周囲に荘厳な雰囲気を漂わせています。特に本殿は、檜皮葺三間社流造のとても立派なものです。
また、境内には天満宮や稲荷神社、龍王神社、若宮神社などの摂社末社が多く建てられていますが、中でも「龍王神社」は、江戸時代後期(1784年)の「天明の大飢饉」の際に、村人の祈りに応えて雨を降らせ、多くの人々の苦難を救った有難い「雨乞い」の神様といわれます。
山あいの地味な神社なのですが、天王山を巡るハイキングコースの中にあるため、私が訪れたときは、リュックを背負った中高年の方たちが大勢来られていました。
【ご利益】:方除け,雨乞い(龍王神社)