TOP > 洛中 >上品蓮台寺
上品蓮台寺山門
上品蓮台寺山門
上品蓮台寺境内
上品蓮台寺境内
上品蓮台寺本堂
上品蓮台寺本堂
大師堂
大師堂
弘法大師像
弘法大師像
宝篋印塔
宝篋印塔
鐘楼
鐘 楼
源頼光朝臣塚(蜘蛛塚)
源頼光朝臣塚(蜘蛛塚)
空海の母の墓と伝えられる五輪の石塔
空海の母の墓と伝えられる五輪の石塔
仏師定朝の墓
仏師定朝の墓

上品蓮台寺

上品蓮台寺の「上品」は、「じょうひん」ではなく「じょうぼん」と読みます。
聖徳太子の創建と伝えられる京都でも有数の古刹で、真言宗智山派に属する寺院です。
応仁の乱でいったん焼失しますが、豊臣秀吉などの帰依を受けて復興繁栄し、一時は12もの院を有して「十二坊」と呼ばれるほどの大寺院であったそうです(現在は3院を残すのみです)。
京都最古の絵巻物など多くの文化財も所蔵しており、境内には平安時代を代表する仏師「定朝(じょうちょう)」の墓もあります。
京都ではもっぱら「しだれ桜の名所」として有名。桜の時期には多くのカメラマンが訪れますが、観光寺院ではないため、普段は訪れる人も少なく、とても静かです。
船岡山の西の麓に位置し、寺院の西側には、洛東の「鳥辺野(とりべの)」、洛西の「化野(あだしの)」と並ぶ葬送の地「蓮台野(れんだいの)」が広がります。