TOP > 洛西 >六請神社
<等持院の鎮守の社>
等持院の南東すぐの地にある小さな神社。
元は衣笠に埋葬された人々の霊を祀る社であった。
大石を持ち上げて祈願する「力石大明神」がある。

住所 : 京都市北区等持院中町
付近の見所 : 等持院



(撮影 : 2011年3月19日)

● 写真をクリックすると拡大できます ●

六請神社正面
六請神社正面
鳥居の扁額
鳥居の扁額
拝殿
拝 殿
本殿
本 殿
手水舎
手水舎
社務所
社務所
力石大明神の鳥居
力石大明神の鳥居
力石大明神鳥居の扁額
力石大明神鳥居の扁額
力石大明神
力石大明神
力石大明神の大石
力石大明神の大石

六請神社

六請神社(ろくしょうじんじゃ)は、京都市北区の等持院の南東にあります。
この神社は平安京以前から衣笠山麓(衣笠山は等持院のすぐ北にある山。高さ201m)にあり、衣笠御霊とか衣笠岳御霊とか呼ばれていたようです。御霊の名でお分かりのとおり、衣笠は古来より葬送の地とされていて、六請神社はこの地に埋葬された人々の霊を祀る社であったようです。
天照国照神(あまてるくにてるのかみ)をご祭神としますが、いつかこれに伊勢・岩清水・賀茂・松尾・稲荷・春日の六神を勧請して合せ祀り、「六請神社」となったといわれます。
足利氏が等持院を創建して菩提寺として以来、六請神社はその鎮守社として寺院境内に置かれますが、明治の神仏分離令により現在地に移転します。
六請神社の境内にある「力石大明神」は、祠の中に置かれている大石に祈願をし、これを持ち上げることができれば「あらゆる力を授かる」という、ご利益絶大の神社。今までにこれを持ち上げた人も結構いるのだそうですが、しかし普通の人ではさすがに無理。そこで写真にありますように、その代わりに神社で小石を授かってお祀りしても良い、とされています(持ち上げたのとまったく同じご利益、という訳にはいかないように思いますが)。
【ご利益】:大石を持ち上げることができれば「あらゆる力を授かる」(力石大明神)