TOP > 洛東 >京都霊山護国神社
金戒光明寺の地図
参道入口の大鳥居
参道入口の大鳥居
「維新の道」と書かれた石碑
「維新の道」と書かれた石碑
「翠紅館」跡(参道横にあります)
「翠紅館」跡(参道横にあります)
「霊山歴史館」(神社のすぐ前にあります)
「霊山歴史館」(神社のすぐ前にあります)
神社入口の標識
神社入口の標識
神社本殿
神社本殿
墓地への入口(有料ゲート)
墓地への入口(有料ゲート)
坂本竜馬(左)・中岡慎太郎(右)の墓
坂本竜馬(左)・中岡慎太郎(右)の墓
坂本竜馬(左)・中岡慎太郎(右)のミニチュア像
坂本竜馬(左)・中岡慎太郎(右)のミニチュア像
竜馬の墓地から見た京都市街(八坂の塔が見えます)
竜馬の墓地から見た京都市街(八坂の塔が見えます)
左から、久坂義助(玄瑞)・来島又兵衛・高杉晋作の墓
左から、久坂義助(玄瑞)・来島又兵衛・高杉晋作の墓
「木戸孝允(桂小五郎)」とその妻「松子」の墓
「木戸孝允(桂小五郎)」とその妻「松子」の墓
山全体に針のように立つ無数の墓標(長州藩が多い!)
山全体に針のように立つ無数の墓標(長州藩が多い!)
墓碑前に置かれていた石板
墓碑前に置かれていた石板

京都霊山護国神社

京都霊山護国神社は、通称「京都神社」といい、明治維新実現のために倒れた多くの志士たちの霊を慰めるために創建されたもの。高台寺の東隣にあります。
東山山麓に向かってまっすぐに延びる参道は「維新の道」と呼ばれ、結構キツイ上り坂です。
境内に入ると、右手に駅の改札口のようなものがあり、「百円玉3つを投入すると、このゲートを通ってお墓に行けます」とか。お金を入れてゲートを過ぎるといきなり急な石段が続き、これを登るとようやく坂本竜馬の墓碑がある広場に着きます。
古びた石の鳥居の奥に、向かって左側に「坂本竜馬」の、右側に「中岡慎太郎」の墓碑が、それぞれ静かに、しっかりと立っています。墓石のすぐ右には二人のミニチュア像も置かれています。
更に道に沿って山の奥に進んで行くと、驚くほど多くの志士たちの墓石の行列(数百はあると思います。特に長州藩士のお墓が多いですね)。
一段と高いところには「木戸孝允(桂小五郎)」とその妻「松子」の墓碑が並んで置かれていて、また「高杉晋作」「来島又兵衛」「久坂義助(玄瑞)」など、おなじみの志士たちの名を刻んだ小さな墓碑が、静かに並んで立っています。
この神社は若い参詣客が多いことでも有名ですが、各墓碑の前には、お参りしたそれぞれの人の心が石板に書かれて置かれています。右下の写真はその中の1枚。「竜馬の様な男性と結婚できますように」と書かれています。
【ご利益】:国家鎮護