TOP > 洛中 >龍谷大学(大宮学舎)
<西本願寺学寮として創立された大学>
本館等は明治12年建築の重要文化財。
お洒落で美しいキャンパス風景は有名。
映画・テレビのロケ地にも使われる。

住所 : 京都市下京区七条通大宮東入大工町125-1
公式HP : http://www.ryukoku.ac.jp/
付近の見所 : 西本願寺興正寺


(撮影 : 2012年1月28日)

● 写真をクリックすると拡大できます ●

龍谷大学(大宮学舎)の門
龍谷大学(大宮学舎)の門
龍谷大学正門(重文)
龍谷大学正門(重文)
正門の表札
正門の表札
正門前の石標「明治天皇御小休所本願寺旧大教校」
正門前の石標「明治天皇御小休所本願寺旧大教校」
本館(重文)
本館(重文)
本館正面のアップ(扁額には「真宗学庠」の文字)
本館正面のアップ(扁額には「真宗学庠」の文字)
南黌(重文)
南黌(重文)
北黌(重文)
北黌(重文)
旧守衛所(重文)
旧守衛所(重文)
東黌(正門の向かい側にある)
東黌(正門の向かい側にある)

龍谷大学(大宮学舎)

龍谷大学(りゅうこくだいがく)は、寛永16年(1639)に西本願寺の学寮として創立され、大正11年(1922)の大学令により龍谷大学となった、とても古い歴史をもつ大学です。西本願寺の南西に位置する大宮学舎は、明治12年(1879)に落成しています。
3つの学舎と文学部・経済学部など7つの学部からなる総合大学ですが、大宮学舎はご覧のとおりのお洒落なキャンパス風景で知られています。
正門・本館・北黌(北校舎)・南黌(南校舎)・旧守衛所はそれぞれ明治12年(1879)に建築され、重要文化財に指定されたもの。洋式風のシックで美しい建物ばかりですので、映画やテレビドラマのロケ地として、今までにも「科捜研の女」「おみやさん」「坂の上の雲」「京都地検の女」「人間失格」等々に多く使われています。
正門前にある石標の「明治天皇御小休所本願寺旧大教校」という文字は、明治13年(1880)に京都を行幸中の明治天皇が、当時のここ本願寺大教校で休憩されたことを示しています。
また本館正面にある「真宗学庠」の扁額は、天保元年(1830)に本願寺第20代宗主の広如上人より贈られたもの。「学庠」は「がくしょう」と読み、「学校」のことです。