TOP > 洛東 >西福寺
「六道の辻」の石標と西福寺の看板
「六道の辻」の石標と西福寺の看板
寺院正面
寺院正面
「末廣不動尊」
「末廣不動尊」
お不動さんのアップ
お不動さんのアップ
「水子地蔵尊」と「子育地蔵尊」
「水子地蔵尊」と「子育地蔵尊」
「円福地蔵」
「円福地蔵」

西福寺

西福寺は、空也上人で有名な「六波羅蜜寺」の北隣にある「六原小学校」のさらに北隣、「六道の辻」と呼ばれる交差点の角にあります。このため、「六道の辻地蔵堂」とか「六波羅地蔵」とも呼ばれます。
弘法大師空海が、ここに堂を建て、土で作った地蔵様を安置したのが始まりだそうです。
寺院の看板にもありますように、ここは檀林皇后(嵯峨天皇の后)が親王の病の平癒を祈願し、霊験効能があったとされるところで、このため「子育地蔵」とも呼ばれています。
このお寺の住所「轆轤町」は、「ろくろちょう」と読みます。「轆轤」の言葉自体は陶器を作るためのグルグル回る道具のことですが、ここの町名はそういう意味ではなく、「髑髏(どくろ)」が語源となっているようです。
この辺りは昔は「鳥野辺」と呼ばれる葬送の地で、いたるところに骸骨、髑髏がゴロゴロと転がっていたため「髑髏原」と呼ばれ、これがその後「轆轤原」に変わり、更に「六原」「六波羅」に変わった、というのが有力説とされています。
【ご利益】:子育て