TOP > 洛中 >西寺跡
西寺跡の地図
公園内に残る西寺講堂跡
公園内に残る西寺講堂跡
講堂跡の礎石と石碑
講堂跡の礎石と石碑
西寺跡の説明看板
西寺跡の説明看板
路面に埋め込まれた「西寺跡」のパネル
路面に埋め込まれた「西寺跡」のパネル

西寺跡

西寺は、東寺から西へまっすぐ歩いて15分くらいのところにあります。
西寺といっても今は姿がなく(990年の大火で消失したそうです)、その跡が「唐橋西寺公園」の中に保存されています。
公園中央の小さな丘の上には2本の大きな木があり、その周辺の草むらの中にいくつかの金堂礎石が転がり、「史跡西寺跡」と刻まれた石碑が立っています。
平安京遷都と同時に、羅城門を挟んで東寺と対称に創建されたという大寺院ですが、その面影は何処へ、観光客はほとんど来ないのではないでしょうか。
東寺が多くの国宝をかかえて世界遺産に認定され、毎日大勢の参拝客で賑わっているのに比べると、何という違いでしょう。
でも、公園横の道路には、立派だったころの西寺の姿が描かれたパネルが埋め込まれていて、少しうれしい気持ちになれます。