TOP > 洛東 >真如堂
真如堂の地図
金戒総門(赤門)
総門(赤門)
境内と三重塔(法華塔)
境内と三重塔(法華塔)
本堂
本 堂
中庭
中 庭
落ち葉が美しい本堂裏庭
落ち葉が美しい本堂裏庭
涅槃の庭
「涅槃の庭」
京都映画誕生の碑
「京都映画誕生の碑」
京都映画誕生の碑の寄付者名簿
京都映画誕生の碑の寄付者名簿

真如堂

真如堂は比叡山延暦寺を本山とする天台宗のお寺で、紅葉の名所として名高いところ。
市内の紅葉は、12月に入るとごく一部を残して終わってしまうのですが、ここでは表門の周囲や裏庭に結構残っていて、多くの観光客が別れを惜しむようにカメラのシャッターを切っていました。
東山を借景にした枯山水の庭園は「涅槃の庭」と呼ばれ、中央に並んだ石の列が仏の涅槃の姿を現しているのだそうです(そう言われれば、そのように見えないでもありませんが・・・)。
また、前庭の一角には「京都映画誕生の碑」と刻まれたモニュメントが置かれています。
碑文によれば、フランスで発明された映画が日本に持ち込まれて初めて上映されたのがこの京都の地であり、牧野省三氏が第1作の「本能寺合戦」を撮影したのがこの真如堂の地なのだそうです。
2008年が京都で映画が作られて100年目にあたるため、これを記念して建立されたもの。寄付者の名簿には、岩下志麻,佐久間良子,里見浩太郎,長門裕之,津川雅彦,中村玉緒,富司純子,松方弘樹,松平健,三田佳子,由美かおる,吉永小百合などなど、多くの有名俳優さんの名が刻まれています。
【ご利益】:極楽往生,冤罪