TOP > 洛北 >京都府立植物園
<日本で最初の公立植物園>
24ヘクタールの広大な敷地を有する。
12000種類、12万本の植物がある。
北に上賀茂神社、南には下鴨神社がある。

住所 : 京都市左京区下鴨半木町
公式HP:http://www.pref.kyoto.jp/plant/
付近の見所 : 上賀茂神社下鴨神社


(撮影 : 2011年4月10日)

● 写真をクリックすると拡大できます ●

植物園正門
植物園正門
正門にある案内図
正門にある案内図
正門花壇
正門花壇
桜林
桜 林
噴水広場
噴水広場
洋風庭園
洋風庭園
温室前の通り
温室前の通り
観覧温室
観覧温室
「けやき並木」の通り
「けやき並木」の通り
水車
水 車
桜の下はお花見客でいっぱい(その1)
桜の下はお花見客でいっぱい(その1)
桜の下はお花見客でいっぱい(その2)
桜の下はお花見客でいっぱい(その2)
桜の下で結婚式を挙げるカップルもいます。
桜の下で結婚式を挙げるカップルもいます。
鉢植えの売店もあります。
鉢植えの売店もあります。
半木の森の説明板
半木の森の説明板
半木神社
半木神社

京都府立植物園

京都府立植物園は、京都市の左京区、賀茂川と北山通りの角にあります。
日本で最初の公立の植物園で、大正13年(1924)に開園。24ヘクタールという広大な敷地に約12000種類、約12万本の様々な植物が植えられています。大きな噴水のある洋風庭園や熱帯植物を集めた温室もあり、鬱蒼とした森の中には平安京が出来る前からあるといわれる「半木(なからぎ)神社」もあります。
北東と南西の2ヶ所に出入口がありますが、地下鉄で来るのならば北東の「北山門」が近くて便利です。駐車場もありますが、非常に混雑することが予想されますので、自動車での来園は避けるのが無難と思います。
私が訪れたこの日は桜満開のあったか晴天日で、最高絶好のお花見日和。園内にはお花見客が波のように次々と押し寄せ、桜の木の下はお弁当を食べるためのレストランと化しています。
ただし、ここはアルコール類は一切「持込み禁止」ですので、「歌って踊って」という、騒々しいお花見風景は見られません。皆さんとても静かに紳士的に振舞われ、ゴミもほとんどありません。このためか、若い学生などの姿は少なく、子供連れのご家族や年配の方々が多いように見えます。
南西の正門を出るとすぐに賀茂川の河川敷公園で、ここからは紅枝垂桜が美しい「半木の道」を楽しむこともできます。賀茂川に沿って北へ少し行けば上賀茂神社があり、南へ行けば下鴨神社があります。絶好のロケーションに恵まれ、自然をたっぷりと満喫できるところですので、休日をゆったりと過ごしたい方はぜひどうぞ。