TOP > 洛北 >宝積寺
宝積寺への道(天王山登り口)
宝積寺への道(天王山登り口)
宝積寺山門
宝積寺山門
三重塔(重文)
三重塔(重文)
本堂への石段
本堂への石段
宝積寺本堂
宝積寺本堂
小槌宮
小槌宮
閻魔堂
閻魔堂
手水場
手水場
秀吉の出世石
秀吉の出世石
聖武天皇の供養塔
聖武天皇の供養塔
良縁成就のご利益があるとされる梵鐘「待宵の鐘」
良縁成就のご利益があるとされる梵鐘「待宵の鐘」
「殉国十七士墓」の石碑
「殉国十七士墓」の石碑
弁財天堂
弁財天堂
末社
末 社

宝積寺

宝積寺は、奈良時代に聖武天皇が行基菩薩に命じて建立した真言宗智山派の寺院で、有名な天王山の中腹にあります。羽柴秀吉と明智光秀が戦った山崎の合戦の際には、秀吉の本陣がここに置かれたのだそうです。寺院の境内には、羽柴秀吉が腰掛け、織田信長亡き後の天下に思いをめぐらしたと伝えられる「出世石」があります。
また宝積寺には、聖武天皇が夢で竜神から授けられたという「打出」と「小槌」が祀られていて、ここから「宝寺(たからでら)」の別名があります。
あの一寸法師が、京で暴れる鬼を退治するために淀川を上り、途中山崎で下船してここ宝積寺で修行を重ね、その後京に上って見事に鬼退治を果たした、との逸話も残っています。
JR山崎駅から線路沿いに京都方向へ数分歩き、踏切りを渡って「天王山登山口」の標識がある上り坂(結構キツイです)をしばらく行くと、右手に宝積寺の仁王門が見えます。
近くには「アサヒビール大山崎山荘美術館」もありますが、私が訪れたときはあいにく「お休み」でした。
【ご利益】:商売繁盛,開運