TOP > 洛中 >武信稲荷神社
武信稲荷神社正面
武信稲荷神社正面
武信稲荷神社参道
武信稲荷神社参道
武信稲荷神社舞殿
武信稲荷神社舞殿
武信稲荷神社拝殿・本殿
武信稲荷神社拝殿・本殿
(ご神木のエノキを祀る)宮姫社
(ご神木のエノキを祀る)宮姫社
ご神木のエノキ(宮姫社のうしろ側)
ご神木のエノキ(宮姫社のうしろ側)
伏見遥拝所
伏見遥拝所
白清大明神・七石大明神・太郎松大明神
白清大明神・七石大明神・太郎松大明神
白蛇大弁財天
白蛇大弁財天
金比羅宮・天満宮
金比羅宮・天満宮
常吉大明神
常吉大明神
奉納された絵馬
奉納された絵馬

武信稲荷神社

武信稲荷神社は二条城の南、神泉苑から300mほどの距離にあります。
平安時代の初期に創建された古社で、必勝と命名の神様とされ、商売繁盛、健康長寿、交通安全、火難・盗難除け等々にもご利益があるとされています。
住宅街の中にあるとても小さな神社ですが、「坂本龍馬」と「おりょう」の心あたたまる逸話で有名。
二人の愛の物語にあやかって、恋愛成就を祈る若い参拝客の姿が絶えることはありません。
幕末のある日、龍馬の恋人おりょうの父がこの神社近くの牢屋に捕われたため、龍馬はおりょうが父の様子を見にここへ来るであろうと考え、神社境内にあったエノキの幹に「龍」の文字を彫り、おりょうに自分が健在であることを伝えようとします。
その文字は今は消えていますが、エノキは立派な大木となり、これをご神木とする「宮姫社(弁財天)」は、縁結び・恋愛の神様として全国から多くの龍馬ファンを引きつけています。
【ご利益】:縁結び,恋愛成就,勝負必勝,名づけ,五穀豊穣,健康,家内安全,病気平癒