TOP > 洛中 >蛸薬師(永福寺)
蛸薬師(永福寺)参道入口正面
蛸薬師(永福寺)正面
蛸薬師(永福寺)境内
蛸薬師(永福寺)境内
蛸薬師(永福寺)本堂
蛸薬師(永福寺)本堂
本堂前に置かれた「びんずる蛸」
本堂前に置かれた「びんずる蛸」
本堂裏への通路
本堂裏への通路
阿弥陀堂(妙心寺)
阿弥陀堂(妙心寺)
(左から順に)秋葉権現、地福稲荷、豊川稲荷
(左から順に)秋葉権現、地福稲荷、豊川稲荷
京極七福神
京極七福神

永福寺(蛸薬師)

永福寺は、平安時代の後期に、二条室町に住んでいた富豪が出家して「瑠璃光山林秀永福寺」を創建したことに始まります。
蛸薬師通と新京極通との交差点にあり、正式名称の「永福寺」ではなく、通称の「蛸薬師(たこやくし)」で呼ばれることがほとんどです(境内奥にある阿弥陀堂は、寺院の来歴に基づいて「妙心寺」と呼ばれています)。
どこのお寺でも、本堂の前には赤い顔の「賓頭盧様(びんづる様)」がよく置かれていますが、ここの賓頭盧様は人間ではなく、なんとタコ!とてもリアルに作られた木製の蛸で、「賓頭盧蛸(びんづるたこ)」といい、「左手でふれるだけで全ての病が癒されると云われている」と書かれています。
全ての病が平癒するのですが、タコからの連想で特にタコ、イボ、魚の目に良く効くと言われ、さらにガンなどにも効果があるとか言われています。
浄土宗西山深草派の寺院で、ご本尊の蛸薬師如来は8年に1度だけご開帳の秘仏。
新京極商店街のド真ん中にあるため、観光客や修学旅行生なども多く、いつも賑やかで明るい雰囲気のお寺です。住所が「新京極通蛸薬師下ル東側町」ですから、このとおりに行けば見つけることができます。京都の住所表示は本当に便利ですね。
【ご利益】:諸病平癒,タコ・イボ・おでき・魚の目・癌の平癒