TOP > 洛西 >天龍寺
天龍寺の地図
門前の風景(正面は嵐山)
門前の風景(正面は嵐山)
北門
北 門
境内の紅葉
境内の紅葉
境内の紅葉
境内の紅葉
「多宝殿」と「曹源池」
「多宝殿」と「曹源池」
大方丈
大方丈
紅葉の美しい境内塔頭
紅葉の美しい境内塔頭
南門
南 門

天龍寺

天龍寺は、吉野で亡くなられた後醍醐天皇の霊を鎮めるために禅寺とされたもので、臨済宗天龍寺派の総本山。世界文化遺産にも指定された名刹です。
嵐山の比較的便利な位置にあり、見事な紅葉も有名とあって、この日も大変な人出でした。
門前は「錦彩なす(にしきあやなす)」という言葉がぴったりの嵐山を借景に、大勢の観光客や人力車が行き交います。境内はどこも見事な紅葉。この日は一時的に雨が降りましたので、参拝客は「多宝殿」の軒先で雨宿りをしながら名庭を眺めたり、写真を撮ったりしていました。
なお天龍寺の中心的存在となる「大方丈」は、明治時代に建てられたのだそうです。案外新しいのですね。
天龍寺は足利義満によって京都五山の第一位に格付けされた(因みに、第二位以下は相国寺,建仁寺,東福寺,万寿寺の順だそうです)格式の高いお寺で、境内がとても広く、本当にきれいです。有名な枝垂れ桜もありますので、今度はできれば春に訪れてみたいと思っています。
【ご利益】:諸願成就,航空安全