TOP > 洛東 >東福寺
<紅葉の東福寺として全国的に有名>
臨済宗東福寺派の総本山。
建築物の多くは国宝・重文に指定。
重森三玲作の方丈庭園も美しい。

住所 : 京都市東山区本町15丁目778
公式HP : http://www.tofukuji.jp/
付近の見所 : 泉涌寺


(撮影 : 2010年11月20日)

● 写真をクリックすると拡大できます ●

東福寺の開門を待つ人々の行列
東福寺の開門を待つ人々の行列
三門(国宝)
三門(国宝)
本堂
本 堂
通天橋への通路
通天橋への通路
通天橋から臥雲橋を見た風景
通天橋から臥雲橋を見た風景
臥雲橋から通天橋を見た風景
臥雲橋から通天橋を見た風景
洗玉澗の絶景
洗玉澗の絶景
紅葉が美しく映える経蔵
紅葉が美しく映える経蔵
開山堂
開山堂
普門院
普門院
庫裏(方丈庭園「八相の庭」拝観入口)
庫裏(方丈庭園「八相の庭」拝観入口)
「南庭」
「南庭」
「南庭」と恩賜門
「南庭」と恩賜門
「北斗七星」の庭
「北斗七星」の庭
「小市松」の庭
「小市松」の庭
「井田市松」の庭
「井田市松」の庭
大鐘楼
大鐘楼
浴室
浴 室
「五社成就宮」参道
「五社成就宮」参道
「五社成就宮」拝殿
「五社成就宮」拝殿
十三重石塔(これも重文)
十三重石塔(これも重文)
「荒熊大神」
「荒熊大神」

東福寺

東福寺(とうふくじ)は、東山連峰のひとつ「月輪山」の山麓に位置する、臨済宗東福寺派の総本山。数ある京都の紅葉の名所の中でも、「名所中の名所」として昔から広く知られています。特に「通天橋」から見える絶景はテレビや雑誌等にもたびたび登場し、近年特に人気が高まっています。
東福寺は紅葉の景色があまりに有名で、「青葉の東福寺」ではとても皆様のご期待に沿うことができませんので、このたび「紅葉真っ盛り」の東福寺へ行ってきました。寒い朝の7時半から、長い行列に並ぶこと1時間。朝一番の決死の写真を撮って来ましたので、どうぞご覧あれ。
東福寺の完成は鎌倉時代中期の1255年。ときの摂政九条道家によって創建され、東大寺の「東」と興福寺の「福」をとって「東福寺」と命名されました。
東福寺は「伽藍づら」と言われるとおり、多くの建造物が建ち並んでいます。特に三門は室町時代に建てられたといわれる国宝。禅堂や開山堂から浴室や東司(トイレ)までもが重要文化財に指定されています。方丈庭園は昭和の造園家「重森三玲」の作で、近代的で斬新なデザインが採用されていることで有名ですが、ここを見るには通天橋の拝観料(大人400円)とは別の、庭園拝観料(大人400円)が必要です。
東福寺は、JR奈良線の「東福寺」駅(JR京都駅から1つ目)、または京阪電鉄の「東福寺」駅で電車を降り、歩いて10分ほどのところにあります。