TOP > 洛東 >豊国神社
神社正面
神社正面
参道
参道
唐門(国宝)
唐門(国宝)
「豊国大明神」の扁額
「豊国大明神」の扁額
拝殿(結婚式が行われていました)
拝殿 (結婚式が行われていました)
ひょうたん形の絵馬
ひょうたん形の絵馬
手水場
手水場
宝物館
宝物館
稲荷大明神
稲荷大明神
槙本大明神
槙本大明神
「耳塚」
「耳塚」
耳塚の説明板
耳塚の説明板

豊国神社

豊臣秀吉をお祀りする豊国神社は、七条通をはさんで三十三間堂の北側にあり、京都では「ほうこくさん」と呼ばれていますが、「とよくにじんじゃ」と読みます。一方、豊国神社の東には豊臣秀吉のお墓である豊国廟がありますが、これは「とよくにびょう」ではなく「ほうこくびょう」と読みます。
豊国神社は秀吉の死後、豊国廟のある山麓に建立されますが、徳川幕府によって廟と共に徹底的に破壊され、明治になってからようやく今の地に再建されたのだそうです。
立派な鳥居をくぐって境内に入ると、左手に手水場、右手に社務所があり、正面には伏見城から移築されたという、とても見事な国宝の唐門があります。同様に伏見城から移築された二条城・西本願寺の唐門と並ぶ「京都三大唐門」の一つで、扁額には後陽成天皇から秀吉に与えられた神号「豊国大明神」の文字があります。
豊国神社のすぐ北隣は鐘に刻まれた「国家安康」の文字で有名な「方広寺」ですが、大和大路通をはさんで西側(児童公園の奥)には、秀吉の朝鮮出兵時に、討取った朝鮮兵の耳や鼻をそぎとって持ち帰り、ここに葬ったといわれる「耳塚」が静かに立っています。
供養のための塔ではありますが、あまりに残忍・残虐。供えられた美しい千羽鶴がとても悲しく、痛々しく感じられました。秀吉を「神」とする豊国神社を訪れるなら、この耳塚を見落としてはならないと思います。
【ご利益】:出世開運,商売繁盛,厄除け,家内安全