TOP > 洛中 >雨宝院(西陣聖天)
<「西陣の聖天さん」として親しまれる>
弘法大師が開いた高野山真言宗の寺院。
四季の花が咲く「花の寺」として知られる。
商売繁盛のご利益もある。

住所 : 京都市上京区
智恵光院通上立売通上ル聖天町9-3
付近の見所 : 岩上神社本隆寺首途天満宮


(撮影 : 2010年10月11日)

● 写真をクリックすると拡大できます ●

寺院西門
寺院西門
寺院南門
寺院南門
寺院本堂(工事中)
寺院本堂(工事中)
染殿の井(そめどののい)
染殿の井(そめどののい)
観音堂
観音堂
大師堂
大師堂
稲荷堂
稲荷堂
辨財天社,鎮宅方除社,瘡神社
辨財天社,鎮宅方除社,瘡神社

雨宝院(西陣聖天)

雨宝院(うほういん)は、今出川通から智恵光院通を北へ200mほど上り、上立売通を西へ50mほど入ったところ、「岩上神社」の少し手前にあります。
弘法大師空海が、嵯峨天皇の病気平癒を祈願して歓喜天を祀ったのが始まり、といいますから、京都でもずいぶん古いお寺といえます。
「西陣の聖天さん」として親しまれていますが、また「花の寺」としても知られ、春は境内のあちこちに「御衣黄(ぎょいこう)」や「歓喜桜」などの珍しい桜が咲きます。
境内東南にある井戸は、染物に用いるとよく染まるといわれる「染殿井(そめどのい)」。夏の干ばつなどでも枯れたことがないそうです。
元の境内はとても広大なものであったようですが今は比較的狭く、その狭い境内にいろんなお堂が所狭しと立ち並んでいて、更にそのスキマにいろんな草木が植えられていて、全体にいくらかゴチャゴチャとした感じはありますが、見所いっぱいのお寺です。
【ご利益】:商売繁盛