TOP > 洛南 >宇治神社
宇治神社の地図
宇治川にかかる朝霧橋を渡ると神社大鳥居の前に出る
宇治川にかかる朝霧橋を渡ると神社大鳥居の前に出る
大鳥居前の「宇治十帖モニュメント(男性は匂宮,女性は浮舟)」
大鳥居前の「宇治十帖モニュメント(男性は匂宮,女性は浮舟)」
境内入口の大鳥居
境内入口の大鳥居
参道途中にある手水場(神兎の口から清めの水が出ます)
参道途中にある手水場(神兎の口から清めの水が出ます)
拝殿「桐原殿」
拝殿「桐原殿」
本殿前の鳥居
本殿前の鳥居
拝所
拝 所
本殿
本 殿
境内末社(左から廣田,高良,松尾,伊勢の各神社)
境内末社(左から廣田,高良,松尾,伊勢の各神社)
境内末社(左から住吉,日吉,春日の各神社)
境内末社(左から住吉,日吉,春日の各神社)

宇治神社

宇治神社は、平等院から東の方向へ、宇治川中洲の「橘島」から朱色の「朝霧橋」を渡ったところにあります。祭神は応神天皇の皇子で、宇治で自殺したと伝えられる「菟道稚郎子尊(うじわかいらつこのみこと)」。
もとは宇治上神社と合わせて宇治離宮明神等と呼ばれ、宇治神社が下宮、宇治上神社が上宮とされていたそうです。
参道の石段を上ると拝殿としての「桐原殿」があり、その後方の石段の上に美しい「本殿(重文)」があります。境内はさほど狭くはありませんが、東奥にある世界遺産の宇治上神社に比べると、荘厳さにおいて少し見劣りする感じ。
参道途中には「神兎」の口から清めの水が流れ出る手水場があります。むかし応神天皇がこの地で道に迷ったとき、一匹の兎が現れて道案内をした、との故事に由来するものだそうです。
【ご利益】:学業成就,開運